STAFF 社員紹介

2003年学卒/工学部物質生命システム工学科/2003年入社
製造部 JPP-Ⅲ 所属長

1. 仕事内容について

私は現在JPP-Ⅲ工場で、生産計画から設備管理、また人材育成も含め工場を運営する業務を行っています。例えば、各製品の出荷予定をもとに、どの時期にどの品目を製造するのが最適か設備の稼働状況を確認した上で計画を組むことや、設備保全計画,人材のキャリアパスを意識した役割分担などが挙げられます。これらの業務には、製造に関わるGMPレギュレーションや原薬製造プロセスの理解も含め、会社の中期経営計画を基に工場の中長期に関する構想を意識して取り組んでいくことが求められます。

2. 仕事のやりがい

新規で受託した品目の立ち上げプロジェクトでは、社内の各部門担当者やお客様、時にはエンジニアリング会社の方々とスケジュールの調整や製造に関わる技術的な情報を共有する必要があります。自部門以外の方や他社と共同で取り組む際には幅広い知識が必要になることも多く、日々勉強の毎日です。しかし、プロジェクトを経験することで新たに得られるもののほうが多く、プロジェクトメンバーとして自身の役割を果たすことで成果を積み重ね、無事製品として出荷できた際には、大きな達成感を得ることができます。

3. 職場の雰囲気

若い人から年配の方まで、仕事もプライベートもなんでも話しやすい雰囲気だと思います。自身もこれまで業務で分からないことがあり相談することが多くありましたが、皆さん嫌な顔せず応えてくれ、むしろ任せろといわんばかりに協力してくれる職場の方々にはいつも感謝しています。また、現場には危険物等取扱いに注意するものがありますが、企業理念である「安全・安心・信頼を第一義」の考えのもと製造に取り組んでいるため、日常の製造作業においても安心して働ける環境だと思います。
休日は会社に入社してから始めたゴルフを、会社の先輩方と共に富山の自然を満喫し、時にはスコアを競いながら楽しくプレイさせてもらっており、充実した休日を過ごしています。

4. 今後チャレンジしたいこと

これまでは工場を安全・安定して運営すること、また工場内での新規受託品製造に関するプロジェクト等にJPP-Ⅲ一員として取り組んできましたが、今後はさらに上のステップであるプロジェクトを統括するプロジェクトマネージャーの業務にチャレンジしていきたいと考えています。いろいろと失敗や苦労することもあるかと思いますが、情熱をもって何事にもチャレンジし、日々少しでも前進していくことの積み重ねがいつかきっと結果につながると信じています。

5. 入社を検討されている方へのメッセージ

長い人生、楽しめるそしてやりがいを感じることができる仕事を見つけることは大切だと思います。自分の知識・経験・技術力が十分に発揮できる会社か、また会社を通して自己実現できるかじっくり考えた上で悔いのない選択をしてください。患者さま、そしてその家族のため十全ファミリーの一員となって、わたしたちと一緒に世の中へ医薬品を届けることができる日を楽しみにしています。

6. ある一日のスケジュール例

9:00-12:00JPP-Ⅲ工場 製造指図・照査や生産計画の調整

JPP-Ⅲ工場の製造品目に関する製造指図や各記録の確認、また生産計画を基にプロジェクトの進捗を確認や調整を行います。

12:00-13:00 昼食

食事や休憩室で私的な相談や趣味の話などでリフレッシュ。

13:00-14:00 社内プロジェクト進捗会議

プロジェクトの進捗状況を報告し、その他懸案事項も含め情報を共有します。

14:00-16:00 課題検討・書類作成

工程の改善やプロジェクトに関する事項の検討や必要書類の作成を行います。

16:00-16:30 仕事のまとめ・翌日の段取り

当日の業務進捗を確認し、報告します。また、明日の仕事の段取りを行います。

16:30 終業

その日の業務内容によっては、帰宅時間が異なります。