DIVISION
OVERVIEW 部門紹介

製造部門

製造部門は、製薬会社から委託を受けた原薬、重要中間体の製造を行っております。
生産活動は、生産性、品質、コスト、安定供給、安全など多様な観点からプラントを安定に、効率よく安全に、稼働させることが求められます。そのために、化学合成、化学工学的な知識・技術はもちろんのこと、設備管理、生産管理、安全管理および医薬品原薬を製造するためのGMP管理等の様々な管理手法を駆使し、また遵守しながら安定生産に勤めています。
その活動の中で見出された課題、また潜在的な課題を解決し、常に品質の向上に努め改善を進めていくことにより、エンドユーザーの患者さんに安心してご使用いただける高品質な製品を確実に製造することが私たちの重要な役割です。

研究開発部門

医薬品は、基礎研究→非臨床試験→臨床試験という開発期間を経て誕生します。その中で、必要となる原薬の製造方法を改良/確立すること、また、申請に向けたデータを取得することは重要な役目となります。
研究開発部は、製薬会社からの委託を受け、開発段階の新薬の原薬または重要中間体の実験室で行うgスケールの合成法から、工場設備を用いた数十から数百kgスケールでも安全、安定的に目標品質の目的物が効率良く製造できる製造法に改良する検討を行っています。従来、製薬会社の研究部門が担っていた開発初期の製造法/分析法の開発から承認申請に向けた開発業務、改良製法の製造部門への技術移管も研究開発部門の役割です。
これら活動を行い製薬会社の新薬開発に協力することで、薬を心待ちにしている患者さんの健康に貢献することが我々の使命です。

品質管理部門

品質管理部では様々な試験を行っています。問題のある原料を使わせないこと、問題のある製品を出荷させないことが重要な役割であり、“品質の番人”とも例えられます。
医薬品の卵といわれる治験薬段階から市場に安定供給する商用生産段階まで、幅広く対応し、試験法開発やその妥当性評価も行います。
ただ試験を行うのではなく、試験法、試験者、分析機器やデータを厳しく管理して信頼性のある試験結果を示し、品質を常に監視・管理することが品質管理部の大きな使命です。

営業部門

「医薬品原薬の製造受託を主な業務とする十全化学では、営業部門は、単に商品を販売する業務というよりは、開発品の製造法・分析法を改善、確立するなど、お客様の解決したい課題もクリアにすることをコーディネートすることが求められ、一般的な営業のイメージとは若干異なります。お客様に付加価値を提供することこそ、十全化学の商品の一つであり、全社一丸となってプロジェクトを進めています。

品質保証部門

品質保証部は、医薬品中の活性成分である原薬の品質、有効性、安全性を保証し、医薬品を使用する患者様に適正な品質と安全、安心を提供する部門です。
日本では医薬品医療機器等法(以下、薬機法)と、さらに適正な医薬品を製造するようにGMP(Good manufacturing practice)という基準が設定されております。同じように、各国でも医薬品に関する法律やGMPの基準があります。現在は、医薬品もグローバル化しており、原薬メーカーは各国の法律やGMPの基準に従う必要があります。品質保証部ではこれらへ対応するため、原材料の調達から保管管理、出庫、製造、サンプリング、包装、試験検査、製品の保管管理、出荷判定までの一連の製造プロセスの流れ、さらにそれらの製造プロセスで使用する施設、製造設備機器、測定機器、分析機器などの管理に関する品質システムを構築し、製造される原薬が適正な品質であることを確認し、世の中へ提供する役割を果たしています。

環境保安部門

生産設備の設計及びこれらのメンテナンス等の設備管理業務と排水、廃棄物処理及び官庁申請等の環境管理業務を担当しています。

経営企画/経理部門

経営企画/経理部門は、日常のお金の入出金管理や会社の予算管理、中長期の経営計画の策定を行っています。また、設備投資等の重要な意思決定を行うにあたっての経済性計算なども行います。

総務/人事部門

総務/人事部門は、これから入社される方に向けた採用活動、従業員の方向けの教育訓練や福利厚生、職場環境改善などを行っています。